Apple //e

1983年1月
商業的には成功した機種で、初期型と中期型、エンハンスド型、後期型があります。
OSがDOS 3.3からProDOSになりました。
教育機関での販売が多かったことが起因となり、Machintosh LCが発売された際にはLC-PDSに対応したIIeカードが発売されました。IIeカードはMachintoshをApple IIeとして使用することができます。
Apple //eをApple IIGSバージョンアップするサービスが用意されて、マザーボードとケースの//eのエンブレムを交換することでApple IIGとなります。

写真は倉庫を片づけてからアップします。